歯列矯正

 歯並びや噛み合わせを直す歯列矯正。矯正装置を取り付けたり治療期間が長期になるなど決して楽な治療とはいえませんが、一生自分の歯でかめるという大きな幸せを目的としています。また歯列矯正により口元や顔立ちが美しくなったり、発音が良くなったりといったメリットも多々あります。

歯列矯正が必要な方
 ・噛みにくい、発音しにくいなどの機能障害がある
 ・歯並びが悪いため、虫歯や歯周病になっている
 ・骨格的に噛み合わせがずれている
 ・歯や顎が原因で唇が閉じにくい
 ・審美的に問題がある
※いびきや歯ぎしり、舌足らずな喋り方が改善する場合もあります。

早期治療が大切 (6歳からを目安にして下さい)
 不正咬合は放置することで新たな不正を生み出します。始めは小さな不正でも重なるとだんだん大きな治療の難しいものになってしまいます。悪い噛み合わせはなるべく早めに直しましょう。





症例


1:叢生(そうせい/乱ぐい歯)

治療前 治療中 治療後
│──────────────  2〜3年  ──────────────│

2:反対咬合(下顎前突、受け口)

治療前 治療中 治療後
│──────────────  2〜3年  ──────────────│
治療前 治療中 治療後
│──────────────  2〜3年  ──────────────│

3:上顎前突(出っ歯)

治療前 治療後
│────────  2〜3年  ────────│


矯正使用器具


 固定式の装置
 取り外しができる装置


矯正装置料金 (税込)


プレオルソ プレオルソ ¥20,000
(8ヶ月〜1年使用)
¥10,000
(交換時)
トレーナー
(インファント・T4K・T4A・T4B )
トレイナー \46,500
拡 大 床 拡大床
片顎
\57,000〜
ムーシールド ムーシールド
 既製
   \46,500
 型をとり作る場合
   \62,000
リンガルアーチ・3DLA リンガルアーチ
片顎
\57,000
ムーアプライアンス ムーアプライアンス \60,000
ビムラー ビムラー \108,000〜
バイオネーター バイオネーター \88,000
フェイシャルマスク・ヘッドギア フェイシャルマスク \88,000
急速拡大装置(RME) RME \88,000
マルチブラケット マルチブラケット
  \618,000〜
 (別途保定装置料
    \20,000〜)
MTM \100,000〜
※型をとり(印象)作成するものには全て印象代が含まれています。
診断料 (初回) \5,200
床矯正調整料 (子ども)  3ヶ月に1回 \1,550
マルチブラケット調整料   3ヶ月に1回 \6,200


小児矯正

お子さまにあった矯正治療で思いっきりの笑顔を

リーフレット(PDFファイル-内容は下の画像と同じ-1,208KB)のダウンロード


お子さまの矯正 Q&A

↑画像をクリックすると別ウィンドウで拡大表示されます↓

子どもの矯正治療で大切なこと

「プレオルソ」こども歯ならび矯正法

新たな矯正装置を採用しました!

『プレオルソ』子ども歯ならび矯正法とは?!

マウスピース型矯正装置を臨床に導入してきましたがこの装置に近年の
「新素材」を用いた開発を行い、その治療法を「プレオルソ子ども歯ならび
矯正法」と命名した。新しい装置は、今まで非常に硬くて使いにくかった
「プラスチック部分」を弾性のある材料にすることで、口腔内への装着感が
非常に良くなり、複雑だったワイヤー調整を熱可塑性のポリウレタン素材を
使うことで調整等を簡便にし、完成したのが「プレオルソ用装置(マウスピース型)です。
もちろん、この新しい装置は昨日今日考えられたアイデア商品ではありません。約70年以上前に先人が考え抜いてきた伝統的な矯正治療方法に現代の「新素材」を用いた共生治療方法であります。さらに装置を持ちいたトレーニング方法で “口の周りの筋肉や発音及び口呼吸から鼻呼吸へ” 機能的な
側面を重視した「機能訓練方法」をも確立しました。


「プレオルソ」こども歯ならび矯正法
「プレオルソ」こども歯ならび矯正法

↑画像をクリックすると別ウィンドウで拡大表示されます↓

「プレオルソ」こども歯ならび矯正法

矯正装置〜「トレーナー(Infant,T4K,T4A)」〜

 大部分の子供達が顎や顔を正常に発育させていないことが多く、結果,乱杭歯や魅力のない顔になります。やわらかい食べ物、おしゃぶり、指しゃぶり、口呼吸などは全て顔や歯列の発育に寄与しません。
古くは硬い食べ物を食べ、おしゃぶりもなくアレルギーも持っていませんでした。

 この装置には大きな3つの機能があります。顎と顔の筋肉に穏やかな運動を与え、舌の位置を正しくガイドし、鼻からの呼吸を促進します。

 *トレーナーは「Infant,T4K,T4A」の3種類。年齢や成長に応じて使い分けされます。

当院における治療例(2008.11.29〜2009.12.1)
治療前
治療後

矯正装置〜「ムーシールド」〜

 受け口のへい害はお母さん方も良くご存知ですが、いつから治療をしたら良いのかわかりませんよね。歯医者さんでも「永久歯が生えるまで待ちましょう」と言われますが、実は自然治癒する割合は1割にも満たないのです。
 そこで幼児のうちに改善させる「ムーシールド」による治療法をおすすめします。これは寝ている間、口に特殊なマウスピースを装着することで受け口を治療するというものです。

   
 

 対象年齢は3歳〜6歳。マウスピースの装着で舌の位置をあげ、口の周りの筋肉を正常化することで上あごの成長を促進、下あごの成長を抑えることで受け口を治しています。6ヶ月から1年で、約9割で改善が見られます。どの治療法を選択するかは歯科医師の診断が必要になりますが、早いほどその効果が出やすいようです。


     


矯正装置 バイオネーター

 バイオネーターは下アゴの成長不足により下アゴが小さい場合で、成長が十分に残っており、下アゴを大きくする必要がある症例で使用する装置です。

 着脱はさほど難しくありませんが、下アゴを大きくすることは簡単ではないので、使用時間が重要になります。

当院における治療例(2008.2.22〜2009.5.12)
治療前
治療後
▲メニューへ戻る
■トップページへ